B型肝炎はどんな病気?

B型肝炎は肝臓に炎症が生じる肝炎の一種であり、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染することによって発症します。肝炎が長期化すると慢性肝炎から肝硬変、肝細胞がんへと進行し、死亡してしまうリスクがあるコワイ病気です。日本国内には約130万人ほどの感染者がいるといわれており、年間10,000人ほどの人が新しくB型肝炎ウイルスの感染者になっています。

B型肝炎ウイルスに感染してしまう原因は、B型肝炎ウイルスが含まれている血液や体液が体の中に入ることです。感染力はC型肝炎ウイルスやエイズウイルス(HIV)に勝るというやっかいな特徴があり、輸血、性行為、出産時の母子感染が主な原因です。現在では日本で献血された血液はすべて検査が行なわれているため輸血による感染はほとんどありませんが、集団予防接種の際の注射針の使いまわしで感染者が増えたこともあります。

また、B型肝炎は急性肝炎と慢性肝炎の2種類があり、急性肝炎はB型肝炎ウイルスに感染後、1ヶ月以上の潜伏期間を経て全身倦怠感、食欲がない、色の濃い尿が出る、吐き気、嘔吐、黄疸といった症状が引き起こされるようになります。慢性肝炎は自覚症状に乏しいものの、急性憎悪を起こした場合には全身倦怠感や食欲がない、色の濃い尿が出る、黄疸といった症状が引き起こされる場合があります。また、急性肝炎は強い肝炎である劇症肝炎になった場合には、放置していると命を落としてしまう恐れがあります。

以上のような特徴があるB型肝炎ですが、治療方法や予防方法があります。当サイトでどのような方法があるのか解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。